マイナンバー

簡単だけど負担の大きい振込業務は経理代行サービスに委託しよう!

経理のデスク

規模の小さな会社で経理担当が1~2名、会社規模は大きいものの経理担当は数名しかいないという場合、経理部門では振込業務に悩まされます。振込業務自体は、社内のワークフローに基づき手続きが増える以外には、会計処理と振込データの作成と比較的に簡単な業務になります。ですが、事業規模が大きくなるほど簡単な業務であっても処理数が増え、業務負荷が増大します。そこで、経理代行を導入して振込業務を効率化しましょう。
振込業務は簡単だから社内で人件費をかけた方が安いと考え、経理代行サービスは不要考えるのは間違っています。実際の振込業務は、仕訳起票や振込先の登録、振込データの作成とデータの確認を含めると1件あたり10~20分の時間が必要になることもあります。これを人件費の高い社員が対応しているなら1件あたり500円以上のコストになることもあります。ですが、経理代行サービスなら1件あたり300~400円のコストに抑えられます。振込データのチェックまでを含めると実際にはよりコストダウンが図られます。また、振込件数が増えるほどチェックの効率が必要になるだけでなく、ミスの発生のリスクも増えます。しかし、アウトソーシングすることで作成は外部へ、そして受け取ったデータに間違いがないかを社内とは異なる認識でチェックでき、支払ミスを防止できるようになります。

四半期ごとの連結決算の早期決算締めに経理代行を活用しよう!

規模の大きな企業グループになると、四半期ごとの連結決算があることは少なくはありません。しかし、通常月の仮締めとなる決算を行っているという場合でも、連結決算時は業務処理が増え、決算締めまでに時間を要します。また、休日出勤などにより親会社への提出期限に間に合わせるといったこともあります。そこで、早期決算締めに対応するため、経理代行サービスを導入してみませんか?
経理代行サービスは日々の業務をアウトソーシングできるだけでなく、一時的な業務サポートを受けることができます。例えば、四半期の連結決算時に決算業務に専念するため、ルーチン業務を委託したい、支払データの作成やチェックを委託したい、仕訳伝票の内容チェックをお願いしたいというニーズにも応えられます。経理代行サービスといえば、証憑書類を電子データで送ったり、郵送して後日仕訳データを受け取るといったものを考えます。しかし、経理代行サービスでは、スポットで経理スタッフの派遣を行ってくれます。そのため、連結決算時に2名や3名ほど人員を増強したいということにも対応できます。パートやアルバイトの場合、労働力が過剰となっている場合でも雇用を継続する必要があります。ですが、経理代行サービスの派遣サービスは必要な時に必要な人数を確保できるという柔軟性があります。まずは、経理スタッフの労働力不足は経理代行サービスでプロの支援を受けましょう。

大変な資金繰り計画も経理代行でサポートが受けられる!

ベテラン経理が退職してしまった、社内に経験豊富な経理経験者がいなくなっているという際、経理部門では日々の会計処理や決算、税務計算などが大変になるだけではありません。経理部門は現金出納や支払、決算を行うだけだと考えていませんか?経理部門は会社を継続的に運営するために重要な資金計画を行っています。しかし、資金計画の経験者が不在になってしまったのなら経理代行サービスを導入してみませんか?
会社は赤字だからといっても倒産するものではありません。実際には黒字倒産という事態もあり、資金繰りの悪化により支払いができなくなり、破綻するというのが一番怖いことです。経理代行サービスでは、プロの経理スタッフが月々の各種支払い、売上計上と入金情報から資金計画をコンサルティングします。資金計画は、支払能力に問題ない場合にちょっとしたミスで信用不信情報に直結することも防げます。支払手形を振り出した際、満期日に資金化されることを考慮し、当座預金の残高確保さらには最低限必要な金額を把握する必要もあります。経理代行サービスでは、日々の業務に追われ支払手形の満期日を忘れてしまうようなことも防げます。不渡り手形の振り出しは、短期間に2回目は致命的な問題となります。資金計画に慣れていない若手経理で不安を感じているなら、リスク軽減のため速やかに経理代行サービスを導入し、サポートを受けましょう。

ノート

個人経営で経理スタッフが見つからないなら経理代行を導入!

個人で会社を経営しており、小規模ながら経理担当者がこれまでいたものの、退職希望に悩んでいませんか?以前より、退職申し出があったものの、新しい経理担当者を採用するまで待ってもらっていることに限界となっているなら、直ぐにでも経理代行サービスを導入しましょう。経理代行サービスならもう期限延長が困難となっている場合でも、その月内に対応することができます。経理経験のある担当者を採用しようとして…

領収書

経理代行サービスに入金確認をアウトソーシングして未収金の発生防止

取引件数が増えるほど、経理担当者が行う業務として入金確認の負荷が増えます。企業が取引先なら件数は多くなく、入金管理の手間は大きな問題とはならないものの、個人消費者を相手にしていると膨大な作業量になることもあります。結果、入金管理が不完全となり商品やサービスを提供したものの、代金を回収し忘れ損失に繋がる可能性があります。そこで、経理代行サービスを導入してみませんか?経理代行サービスでは…

決算

経理代行で一時的な労働力不足と負荷分散を実現しよう!

会社において経理部門は、決算や経営分析だけを行うものではありません。決算は日々のルーチン業務の取りまとめ作業であり、一時的に忙しくなります。ですが、経理部門は税法改正や社員が立て替えた経費の振り込み精算、キャッシュレス化による経費計上などルーチン業務以外が増えています。そんな一時的な労働力不足と負荷分散を経理代行を導入して解決しましょう。経理部門は税法改正により、会計システムや仕訳シ…

消された数値

経理代行で大量の仕訳起票を効率化しよう!

定期的に大量の仕訳伝票を起票する必要があるという場合、膨大な労務コストがかかってしまいます。1つの仕訳を起票するといっても、ベテランなら1分や2分で済むものの、慣れない人になると10分を超えることもあります。経費振替の作業を行うためだけに、無駄なコストが発生し続けます。そこで、経理代行サービスを導入して効率化を図りましょう。経理代行サービスなら1仕訳100円以下のコストに抑えられます…